シンゴジラは最高に面白かった

特撮にもエヴァンゲリオンにも興味のなかった人間ですが、映画「日本のいちばん長い日」のような雰囲気の映画だと聞いて映画館へ。

冒頭の水蒸気爆発によるアクアライントンネル崩落で、走行中の車の上に赤い水が噴き出してくるシーンのリアルさに一気に引き込まれました。

(今までゴジラシリーズを観たことがなく、「あの」ゴジラのビジュアルしか想像していなかったので、第二形態を初めて見たときの衝撃は大きかったです)

長いと言われていた会議シーンを楽しみにしていたので、だらだら続いて途中で(略)されるところが面白くてしょうがなかったです。

でもこれが日本のリアルで、大規模事故や災害の度にこれが現実に繰り返されてきたのだと思うと、歯がゆい反面頼もしくもありました。

自分たちが知らないところで、国と国民を守るために全力を尽くしてくれる人たちがいること。判断を下す人と指示を実行する人責任をとる人。いつもは考えもしないけれど、この国はこうやって守られてきたんだなあと思いました。

シン・ゴジラのキャッチコピーの、「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」はこの映画を過不足なく表しています。

「虚構」に対して今の日本がやれること。被爆国で敗戦国、自衛隊の動きも制限だらけのこの国が、知恵と団結を武器に「現実」を守り切る。色々なことを考えさせてくれる映画でした。最高に面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です